ホーム > PMS > PMSの症状や痛みに関する話し

PMSの症状や痛みに関する話し

腰痛や下腹部痛など、PMSのケースでは痛みは局所にとどまらず周囲に広がります。このため痛みというより重だるさを覚えることが多いようです。

 

排卵した後の体には、これから訪れる月経に備えて多くの血液が必要になります。

そのことから、骨盤内に血液が停滞しやすくなることから、腰の辺りに重さを感じたり、下腹部の張りや痛みなどの症状が出ます。

月経が近づくと血糖値が上昇しないように抑えるインスリンの作用が弱くなり血糖値が上がります。こうなると、体が血糖を下げなくてはと頑張り過ぎてしまい今度は血糖が低く下がり過ぎてしまいます。

こういった流れでの低血糖がもとで、PMSを引き起こすのではと言われています。

お肌のお手入れではアンチエイジング効果のある化粧品を使うことにより、老けて見られる原因であるシワやシミ・たるみといったことのゆっくりにすることができます。

 

 

 

しかし、どんなにアンチエイジング化粧品を使用していたところで、乱れた生活を続けていれば、肌の老化スピードに負けてしまい効果は感じにくいでしょう。体の内部からのスキンケアということも大切なのです。正しいスキンケアを行うには自分の肌の状態を理解し、方法を変化をつけなければなりません。ずっと同じやり方で、お肌のお手入れをしていけば大丈夫ということはないのです。

 

乾燥していると思ったらたっぷりとうるおいを与えたり、生理前などの体の状態にもあわせ刺激の強い方法は使わないというようにお肌にとって大切なことなのです。肌にふれる空気や気候に応じて外の変化にも合わせ、ケアを変えていくことも大切なポイントなのです。

 

 

 

PMSと同じような症状の病気に月経困難症もあります。

 

 

 

腹痛・腰痛・頭痛などと症状は重なる点が多いのですが、異なった点は発症時期になります。

PMSは月経前に不調が出るのに対して、月経困難症では月経中に重い症状が現れます。月経困難症はどちらかというと若い女性にみられやすいのですが、年齢が増すことや、さらに出産回数とともに減少する傾向にあります。

 

 

 

オイルをスキンケアに取り入れる女性も最近よく耳にします。

 

 

オイルの中でもホホバオイルやアルガンオイルなどをスキンケアで使うことで、保湿力が上がり、さらにお肌がしっとりとなるでしょう。

 

 

 

様々なオイルがあり、種類によっても様々な効果が表れますので、その時のお肌の状況により最適なオイルを適度に使ってみるといいでしょう。また、オイルの効果は質によって違いがありますので、新鮮なものを選ぶことも重要です。月経前症候群とは、月経に関係していて一定の周期で心や体に色々な不調が現れることをいいます。

 

症状は月経になる2週間ほど前から出始め、排卵の後に黄体ホルモンが分泌されるタイミングと重なっていて、月経が始まると共に治っていきます。

 

身体に生じる不調は、腹痛や吹き出物などの他にも様々です。精神面から生じる症状には、不眠やイライラなどがあるようです。

PMSは、食事内容や運動、リラックスなどの生活習慣が大きく関係しています。調子の悪い時期にはいつもの生活の中で小さな心がけを持続する必要があります。

 

 

 

体の声を聞いて、ライフスタイルを見直し、自ら持っている自然治癒力を上げていきましょう。PMSサプリの人気ランキング