ホーム > 血糖値 > 血糖値を上げない食事とアルコールの取り方

血糖値を上げない食事とアルコールの取り方

ダイエット中には、肉や魚・大豆製品などからタンパク質をしっかり摂る、必要な栄養がしっかりと含まれている食事が重要です。

 

また野菜やキノコなどの食物繊維の多い食品には糖質の吸収を遅らせるといった効果があります。さらにショウガ・とうがらし・にんにく・などは新陳代謝を上げる働きがあるので、一度はついてしまった脂肪の燃焼を手助けします。活動的な生活スタイルは糖尿病を予防・改善することに有効です。

10分間だけでも体を動かして運動を心がけましょう。

たった10分という見過ごしやすい時間でさえ、1日分を合計すると意外にまとまった時間になるものです。他にもエスカレーターを使わないで階段を使う、目的地の手前で乗り物を降りて、少し長めに歩くことで効果が上がります。重篤な合併症が糖尿病で発症すると、生命の危機もあるのですが、早くに発見をして血糖値をきちんとコントロールできれば、日常生活を困難から遠ざけることも可能です。

 

 

 

ですので、糖尿病予備軍かもしれないと気になっている人は、毎日の体調を糖尿病の症状と比較してみると、早い時期に発見ができるので不安を減らすことができます。合併症の中で足に発生する代表的なものは、血流が低下して、体の神経が鈍くなる糖尿病神経障害です。

 

糖尿病神経障害になることで足に痺れ、通常には無い感覚がしたり、ふくらはぎの痙攣、ほてりといった症状に気付くようになります。また、足の感覚は鈍くなることで、足の怪我をしやすくなったり、足がつる場面が多くなるようです。

 

 

 

単純に食事の量を減らしさえすればいいという楽な解決法ではありません。

1日の活動に見合ったエネルギーは体格や活動量によって人それぞれ違っています。まず第一に自分の必要なエネルギーを考慮して計算し、日々の食事が自分にとって最適なエネルギーよりも取り過ぎていないかをを見極める必要があります。そのまま手を打たないでいると症状が進行してしまい、合併症が目に出る可能性があります。糖尿病網膜症は目の合併症として多く発症し、初期症状がハッキリとでるのは稀で気付きにくいという点が特徴でもあります。

とは言え症状が進行すると真っ直ぐの物が歪んで見えたり、視力が低下をしたり、ゴミのようなものが見えたり、最悪の事態では失明をする危険もあります。

 

糖尿病腎症になることで腎臓で尿を作ることが難しくなり、人工透析を受けないと老廃物や不要物を自力で体外に排出することができず、寿命を縮めてしまいます。

 

ですから、糖尿病腎症になった場合は、毎週2回~3回くらい診療機関で人工透析を受けるという生活サイクルが続くことになるので、大きな支障が日常生活に生じることになります。

血液中の糖の濃度が高いとおしっこの量と回数が多くなります。また通常では体内にあるべき水分が尿としてどんどん出るので脱水状態となり喉の渇きが気になる様になります。

 

また、エネルギーを作る糖が使われないことによってしっかりと食べていても痩せてしまったりお腹がすく感覚が続いたり、体が重くだるさを感じるようになります。

 

運動や体を動かすためにはエネルギーが必須となりますが、筋肉を動かすために血糖を活用してエネルギーに変換しています。

そのため運動には血糖値を一定量に下げることにつながります。しかし、運動不足では消費エネルギーも使われないので毎回エネルギーがあまりインスリンの分泌が非常に増加し膵臓が疲れて使い物にならなくなってしまいます。外食をする場合には糖質の多い麺類や丼ものなどは控え、あっさりした和定食から選ぶようにしましょう。また、やむを得ない付き合いでアルコールを摂取せざるをえない時もあるものです。そういった場合には、カロリーオフ、糖質ゼロのものなどから選び、飲み過ぎに気を付けましょう。血糖値や糖質制限の悩みにオリゴ糖