ホーム > 葉酸サプリ > 妊娠中には葉酸以外にも様々な栄養素が不足しがち!

妊娠中には葉酸以外にも様々な栄養素が不足しがち!

葉酸はあなたも知っての通り、妊娠を希望する方や妊娠中の女性にとって不可欠な栄養素です。

 

ですが、妊娠中には葉酸以外にも様々な栄養素が不足しがちです。

 

また、妊娠時には様々な栄養素が不足しますし、葉酸それだけの摂取では吸収率が悪くなってしまいます。

 

サプリを飲むときには、ビタミンやミネラルといった、妊娠初期に欠乏しやすい栄養素を複数入ったサプリがお勧めです。

 

具体的に言うと、ミネラルやビタミンが25種類ほど含んだサプリにすれば、必要な栄養素をきちんと補うことが出来ますし、成分が最大限有効に働いてくれるという訳です。このようなサプリは、妊娠中の方だけに必要なものだと考える方もいらっしゃるかと思いますが、サプリの摂取によって妊娠しやすい体がつくられますから、「まだ妊娠はしていなけれど、もうそろそろ授かりたい」とお考えの妊活中の方も今から飲んでおくと安心です。妊活中や妊娠中の多くの方が、葉酸の名前を耳にしたことがあると思います。それもそのはずで、妊娠と葉酸は切り離せない関係の二つです。

 

それというのも、妊娠初期に葉酸が不足すると、胎児の先天的異常の可能性が高まると言われているためなんですよね。この話はもちろん、妊活中であったとしても例外ではありません。実際に妊娠が発覚した後で慌てて葉酸を摂ったとしても、葉酸が最も必要な受胎直後に戻ることは出来ません。

 

ですから、妊娠しても問題の無い母体になるために、妊活中には十分に葉酸を摂るように心掛けることをお勧めします。葉酸は野菜の中に多く含まれていますが、その中でも特に葉酸を含んでいる野菜と言えば、冬が旬の小松菜、初春に店頭に並ぶ菜の花や、夏のモロヘイヤなど、青菜の野菜に多く含まれています。

 

病院の検査で妊娠が分かってから、早めにこうした食材を食べるようにしましょう。葉酸は胎児の正常な発達に働きかけ、先天異常などを発症するリスクを低減する可能性があるらしいのです。

 

とはいえ、毎日大量の野菜を食べることが難しいという場合には、納豆あるいはホタテなどの貝類からの摂取を勧めたいものです。

 

葉酸は妊活に必須!いつから必要?